ドラマのあらすじや全話

ドラマのあらすじや全話の感想、キャストの相関図含め全部見せします!

ドラマのあらすじや全話の感想、キャストの相関図含め全部見せします!

韓国ドラマ 眩しくて DVD 第1話 あらすじ

「48時間仮眠室」なる動画サイトに入ってくる、年配の女性(本物のキム・ヘジャ)。「小母さん、ご年配のようですけどお幾つですか」との投稿者の質問に「私?今年、25歳になったんですよ、信じられないでしょうけど」…


眩しくて DVD

場面は変って海辺の家。主人公キム・ヘジャの家族は、両親と、働いていない兄とヘジャの4人。その砂浜で、ヘジャは子供の時に、時間が戻せる魔法の腕時計を拾います。睡眠時間を増やす為、試験の点を上げる為と、様々な理由で時を戻した彼女。そのせいで、同年代より大人びた子になってしまった彼女は、時間を戻すことを辞める決心をし、腕時計をタンスの奥深くに仕舞います。そして時が経ち、自分は何をするにも向いていないと悩んでいた時、兄の友達に、TBCのアナウンサーに似ていて、好きなタイプだ、と言われ、自分もアナウンサーになろうと思い立つのでした…

現在無職のヘジャ。いくつかの放送局に履歴書は送ったものの、美容院を経営する母の手伝いをする日々。ヘジャにはヒュンジュとサンウンという親友が居て、いつも情報交換しています。ある日、大学放送部の会合に出席したヘジャは、好きだった先輩が一時帰国して、ワークショップに参加することを知ります。「会って挨拶をするだけ」と、そのワークショップに行ってみると… 先輩に付いて、イ・ジュナというレポーター志望が一緒に参加していました。何となく彼が気になるヘジャ。その彼に、アナウンサーになりたい動機を突っ込んで聞かれた彼女は、分かっていながら認めたくない「自分」を突きつけられ、打ちひしがれます。その後、ジュナが祖母と2人暮らしの「ご近所さん」だと知るヘジャ。何かと会う機会が増える2人…


眩しくて DVD

美容院の器具が壊れ、金銭的に修理もままならない事態を見たヘジャは、女の先輩に紹介された「声優バイト」を引き受けますが、スタジオへ行ってみると、それはアダルトビデオの音声録音でした… 何とか録音を終了し、母にバイト代を手渡す彼女。しかし、あまりにも嬉しそうな母の顔を見るとやり切れず… 他方、食事をしに「深夜バー」に入ったジュナは、そこに酔ったヘジャが居るのを見つけます。2人で杯を重ね、お互いの身の上話をするうちに、「もし時が戻せたら、祖母にあんな思いをさせないよう孤児院へ行く」と言うジュナ。「それが出来るのよ。本当に戻りたい!?」真剣に言うヘジャは、例の腕時計を取り出します。酔った勢いに違いない…「それなら、やってみてよ」笑いながら言うジュナですが…?

韓国ドラマ 眩しくて DVD 第1話 感想

眩しくて DVD


「知ってるワイフ」で母娘を演じたイ・ジュンウンとハン・ジミンが、また親子を演じていますね。勿論、前回とはまったく違った関係ですけれど。それと、本当のキム・ヘジャが「70歳のキム・ヘジャ」として出演するあたりがすごいと思いますが、このドラマは彼女に捧げる作品なのですね。ハン・ジミンが、自分の出番がどのぐらいかは関係なく是非共演したいと言ったそうで、どんなに尊敬されているかが分かります。

1話で、キャラクター達のバックグラウンドと、生活する環境が解りました。前半はちょっとドタバタ喜劇の様で、ヘジャの兄、キム・ユンスを演じるソン・ホジュンのコミカル演技が大いに笑えた一方で、何処がファンタジーロマンス?とも思いましたが、それぞれの性格と境遇が分かり「土台が敷かれた」という感じです。ヘジャの家は、肉系の食材が存在しない、金銭的に厳しい家庭。そして、母には誰も頭が上がらない!(これって、韓国では一般的なのかしら?)ジュナも難しい家庭環境で育った人間。


眩しくて DVD

「時間離脱ファンタジーロマンス」という、掴み所が無い触れ込みで、何を期待したらよいのか、どこが「眩しい」のか、まだ見当がつきませんが、ハン・ジミンの引き込まれる演技、彼女とベテラン俳優達とのケミ、注目されているナム・ジュヒョクとの年齢差ケミ、多分にちりばめられているコミカル要素を買って、2話を見てみることにします。何となく軽い雰囲気のナム・ジュヒョクと、もう少しシリアスなハン・ジミンが何を奏でるのか注目です。

韓国俳優チュ・ジフンがMBC新月火ドラマ「アイテム」に出演することがわかった。

10日MBCは「『アイテム』に映画とドラマを活発に行き来しながら、観客と視聴者を魅了した俳優チュ・ジフンが合流する」と明らかにした。


f3fa07500300153289fe8fabd65c316a

韓国ドラマ アイテム は行き違う運命の2人の男女が特別な超能力を持った品物をめぐる陰謀や秘密を暴いていくファンタジーブロックバスターで、同名ウェブ漫画を原作にしているMBC自主制作ドラマだ。

韓国ドラマ アイテム は昨年ドラマ「君を守りたい~SAVE ME~」でエセ宗教を素材に、現実的ならがらも緊張感あふれる展開で描き出し、好評を得たチョン・イド作家が執筆を、「グッバイ ミスターブラック」共同演出や単発ドラマ「ハウスメイト」を通じて、繊細な演出力を見せたキム・ソンウクプロデューサーが演出を務める。

チュ・ジフンは「アイテム」で男性主人公のカン・ゴンを演じる。カン・ゴンはソウル中央地検刑事部検事で、正義感があり、熱い胸を持つ、柔らかさの中に強さを持った人物だ。命より大切に思うダイン(甥姪)を救うため、自分の全てを賭けてアイテムをめぐる陰謀や秘密の中へ深く関わることになる。

一方、来年上半期最大の期待作として浮上した「アイテム」はMBC「悪い刑事」の後続ドラマとして、来年1月末に放送される予定だ。

韓国ドラマ『獬豸』は時代劇であって、これは王様になってはならない王子が繰り広げる愛と友情の物語です。作品紹介をすると、韓国ドラマ『獬豸』はイ・サンや馬医などの人気時代劇を手がけているスタッフが集まり制作を行っています。

今最も注目を浴びている時代劇として知られている作品で舞台は現代の検察機関です。タイトルになっている『獬豸』はカイチと日本語で読めるもので、善悪を見極める伝説上の動物を指します。主演を行うのは除隊後のチョン・イルで、ドラマ復帰作品としても注目されているものです。

またチョン・イルとかねてから広告撮影を行っていたコ・アラやクォン・ユルなども登場しています。
今回のドラマを行うにあたってチョン・イルは様々な過去の作品を研究したが、特に王の運命を最も参考にしたと打ち明けているので期待できる作品です。自身が演じるのは青年期の英祖でサド世子と共通する部分が多い気がしたため、参考にしたと語っています。

本ドラマは歴史的事実を基盤としているのですが、フィクションも多く含まれているのが特徴です。
新たに制作されたキャラクターと見ているので、撮影をするときには脚本家や監督と打ち合わせを
しつつ仕事を行っていると語っています。歴史と比較して見ると面白くなる作品のため、より作品を楽しみたいなら比較してみましょう。今までに見たことがない英祖の作品がカイチ、これはまるで映画のような迫力もある魅力的な内容です。


韓国ドラマ 獬豸(カイチ)

獬豸(ヘチ)第1話(第1・2話)あらすじ

船で漢陽(ハニャン:한양)に戻ってく延礽君(ヨニングン:연잉군)李昑(イ・・グム:이금)。
チョホンに正体を言わず、使い道のない人間とだけ言っている。それでも、ここに先に行っておいてくれと、行き先を渡す。酒売の女なのに後ろ指を指されるわよと、チョホン。そんなのはずっと漢陽で自分が担ってきたことだから心配するなと、イ・グム。ケドルのところで馬を買うイ・グム。タルムンもいる。そこで、老論で領議政(ヨンイジョン:영의정)のキム・チャンジュンがヤダシに遭ったことを知る。チョン・ユニョンは高位の者に罪があることを世の中に知らしめることがヤダシだと、小間使いに説明している。大司憲(テサホン:대사헌)の老論・イ・イギョムはこの時期に混乱を起こしたことに激怒している。房主監察(パンジュ カムチャル:방주감찰)チュ・ヨンハンは、ヤダシを起こした監察たちを叱責している。老論が押す密豊君に関係があるであろう殺人事件を、領相が隠蔽をしようとしたからだと反論するハン・ジョンソク。やりたいようにしたければ大科を受けて房主監察になれ、服を脱いで出て行けと、チュ・ヨンハン。

仁元王后( イノンワンフ/イヌォンワンフ:인원왕후)の誕生日の宴に剣舞を披露する密豊君。少し遅れてやってきた延齢君はイ・グムを連れてきていた。王后でさえイ・グムを宗親(チョンチン:종친)扱いしていない。部下を殺そうとする密豊君。それを止めるイ・グム。一応イ・グムを兄上と呼ぶ密豊君。王宮で何があっても関係ないから心配するなと、イ・グム。関心?資格が無いんだろ、母親が賤出で、恥ずかしいでしょ?どうして延齢君にくっついているので?と、密豊君。兄上と呼ぶな、お前は王の息子でもないじゃないか、傍系と、イ・グム。私は昭顕世子(ソヒョンセジャ:소현세자)の直統後継だ!と、密豊君。領相がヤダシに遭ったのはお前のせいだろ?ひょっとして誰かを殺したのがバレでもしたか?と、イ・グム。次の宝位は延齢君だと、イ・グム。キレてイ・グムに剣をかざす密豊君。

このページのトップヘ